グリーズマンのプレースタイルと背番号!凄さは多彩なシュートパターンと守備の献身性

スポンサーリンク

現在フットボール界での注目選手の1人がアントワーヌ・グリーズマンではないでしょうか。

 

地元開催となったユーロ2016でも、ゴールデンブーツと最優秀選手賞を受賞しており、現在もっとも旬で最高品質なアタッカーです。

 

今回はそんなグリーズマンのプレースタイルと背番号について紹介したいと思います。

グリーズマンのプロフィール

名前:アントワーヌ・グリーズマン

生年月日:1991年3月21日

国籍:フランス

出身:マコン

身長:175cm

体重:72kg

利き足:左足

ポジション:FW

経歴:レアル・ソシエダ(2009~2014)
⇒アトレティコ・マドリード(2014~)

 

背番号

グリーズマンのアトレティコでの背番号は7番

 

これはかつて、

  • レオナルド・ビアヒニ
  • ディエゴ・フォルラン
  • アドリアン・ロペス

らが背負った番号です。

 

グリーズマンは7番にとても愛着を持っており、これはデビッド・ベッカムの大ファンであることが関係しています。

夏場でも長袖を着ることが多いですが、これもベッカムに対する憧れからそうしています。

 

ちなみに代表でも7番をつけています。

 

グリーズマンのプレースタイル

グリーズマンはクラブチームでもフランス代表でも、センターフォワードとして攻撃の一翼を担っています。

 

多彩なシュートパターンと攻撃のバリエーション

左足から繰り出される高性能なキックが特徴で、痩身からは想像できないパンチ力十分のシュートも持っています。

 

ドリブルスピードも半端なく、ボールがないときと寸分変わらない速さでゴールに迫ります。

 

それでいて細かいテクニックもあり

  • 切り返してからのシュート
  • ワンフェイクでディフェンダーの態勢を崩してシュート
  • キーパーの位置を確認してからのコースを狙ったシュート

などと1つのプレーの前に多くの選択肢がグリーズマンにはあります。

 

その中でベストな選択肢を瞬時に判断して正確に行えるのがゴール量産の秘訣でしょうか。

 

こちらはドリブル突破からゴールを奪ったシーン。

キーパーの手が届かない絶妙な位置にコントロールされた素晴らしいシュートです。

ドリブルで交わしつつ、あのタイミングで、しかも逆足の右足であのコースに打てるセンスは見事としか言えないですね。

 

こちらは飛び込んできた相手を交わしてゴールを決めました。

こういう時はつい慌ててシュートを打ってしまうものですが、冷静な判断と落ち着きで確実にゴールを陥れました。

 

またヘディングやボレーでのゴールも多いです。

グリーズマンは小さいのでヘディングは苦手そうに見えますが、ポジショニングが良いので小さくてもゴールを奪えます。

 

ゴールシーンを見ると、ディフェンダーの身体をうまく手で抑えながらシュートコースに入ったり、一瞬の動きでマークを外して頭でボールを叩いています。

 

ニアサイドで合わせるヘディング技術に長けていて、つまりコース取りのうまさがあります。

この辺は天性のものかもしれません。

 

そしてグリーズマンはオフザボールの重要性も理解しています。

 

ボールの持っていない時には周囲のルックアップを欠かしません。

 

ボールをもらう前にグリーズマンにはいくつものビジョンが頭にあるはずです。

 

なぜそこまでプレーのアイデアが多いのかというと、上体が常に起きていているためです。

 

そのため視野が十分確保できるのです。

上体が下向きだとプレービジョンが限られてしまいます。

 

縦パスを引き出すのも上手く、裏への抜け出しでゴールを決めることも多いですね。

 

元々はウイングの選手で、サイドからのカットインやクロスも得意としています。

キックの精度も素晴らしく、しばしば直接FKでゴールも決めています。

 

このようにアタッカーとしては万能な選手で、

  • スピードを警戒して間合いを開ければ、コースを狙ったシュートが飛んでくる
  • 間合いを詰めればドリブル突破される
  • 一瞬でマークを外されたり、裏を取られる
  • サイドに追いやってもフェイントからのクロスに警戒しないといけない

守る側からしたらかなり対応に苦慮する選手です。

スポンサーリンク

守備意識の高さ

そしてシメオネの元、守備意識も高い選手です。

 

前線からの果敢なプレスを厭わないですし、ビルドアップを阻止しようとポジション取りも秀逸です。

 

グリーズマンがパスコースをある程度切っているので、チームメイトもインターセプトが狙いやすいです。

 

時には自陣まで戻って守備をするなど非常に献身的です。

 

まとめ

今回はグリーズマンのプレースタイルと背番号について紹介しました

  • 多彩なシュートパターンでゴールを量産
  • 身長はないがヘディングも上手い
  • 前線からの守備も秀逸

 

しばらくは世界の第一線で、金髪をなびかせながらゴールに迫るこのフランス人アタッカーに魅了されましょう。

もしかするとバロンドールを取る日も近いかもしれません。

 

グリーズマンのプレーを見るならDAZNがおすすめです。

2018~19シーズンからチャンピオンズリーグの中継も始まりました。

DAZNの魅力とは?視聴できるサッカーコンテンツ一覧!

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

トリッソのプレースタイルと背番号!積極果敢なシュートが持ち味

ラカゼットのプレースタイルを解説!動き直しと決定力が持ち味!

ムバッペのプレースタイルと特徴!凄さはドリブルとスピード!

カンテのプレースタイルと背番号!特徴は守備範囲と奪取力

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です