オーバメヤンのプレースタイルと背番号!スピードが特徴のストライカー

スポンサーリンク

アーセナル所属のカボン代表オーバメヤン。

 

圧倒的なスピードを武器に長らくドルトムントで活躍してきましたが、

2017~18シーズン途中にドルトムントからアーセナルへ移籍しました。

 

今回はそんなオーバメヤンのプレースタイルや背番号について書きたいと思います。

オーバメヤンのプロフィール

名前:ピエール・エメリク・オーバメヤン

生年月日:1989年6月18日

国籍:ガボン、フランス、スペイン

出身:ラヴァル(フランス)

身長:187cm

体重:80kg

利き足:右足

ポジション:FW

背番号:17

経歴:ミラン(2008~2011)
⇒ディジョン(2008~2009) ※ローン移籍
⇒リール(2009~2010) ※ローン移籍
⇒モナコ(2010~2011) ※ローン移籍
⇒サンテティエンヌ(2011) ※ローン移籍
⇒サンテティエンヌ(2011~2013)
⇒ドルトムント(2013~2018)
⇒アーセナル(2018~)

 

アーセナルでのオーバメヤンの背番号は14。

 

これはマーティン・キーオン、ティエリ・アンリやウォルコットが背負った番号です。

 

彼らは長期に渡ってアーセナルに在籍したこともあり、オーバメヤンも長くアーセナルで活躍できると良いですね。

 

ちなみにドルトムント時代は17番をつけてプレーしていました。

スポンサーリンク

オーバメヤンのプレースタイル

プレースタイルには以下の特徴があります。

 

圧倒的なスピード

オーバメヤンの代名詞といえばスピード。

 

とにかく初速が速く、30mまでだとウサイン・ボルトより速いことでも話題になりました。

※オーバメヤンは30m3.7秒(トレーニング中のタイム)、ボルトは30m3.78秒(世界新記録9.58秒を出した時の通過タイム)

 

相手よりも先に反応する加速力に加えておまけにトップスピードも速いのでDFからすればちょっとでも目を離すと一瞬で置き去りにされてしまいます。

 

このスピードを活かして、裏への抜け出しやショートカウンターで高い効果を発揮します。

 

決定力

スピードが武器と言っても当然足が速いだけで得点を量産できるわけではありません。

 

オーバメヤンはゴール前でのポジショニング嗅覚などCFとしての能力も高いからこそ毎年のように得点を量産することができます。

 

 

ゴールまでの動き出しは多彩で非常に質が高いです。

特にDFの背後に周り視界から消えるポジションから一気にスピードを上げてクロスにダイレクトで合わせるというパターンが十八番。

 

とにかくワンタッチゴールが多いので「味方のお膳立てが良いだけ」と思いがちですが、実は高度な動き出しで「後はボールに触るだけ」というシチュエーションを自ら生み出しているんですね。

 

こちらのシーンでは一度裏へ抜ける動きを見せて相手を引きつけ、プリシッチが受けやすい状況を作ります。

そしてプリシッチにパスが出る瞬間に再び速度を上げてエリア内に侵入しフリーで決めています。

 

また、右足・左足・ヘディングどれも精度は高く、

キーパーを欺くループシュートも非常に上手いです。

身体能力を活かしたアクロバティックなシュートもあります。

 

チャンスメイクもまずまず

元々はサイドでプレーしていたこともあり1対1での仕掛けも上手く、サイドに流れてからドリブルでチャンスメイクもできます。

 

また相手DFを背負うようなポストプレーはあまりありませんが、バイタルエリアでシンプルに捌いて攻撃にリズムを生むプレーはできます。

 

まとめ

今回はオーバメヤンのプレースタイルと背番号について紹介しました。

  • スピードを活かした裏への抜け出しが武器
  • ポジショニングが上手く決定力も抜群

 

オーバメヤンは単純に足が速いだけではなくその活かし方も非常に上手い選手です。

プレミアリーグでもその能力を遺憾なく発揮しており、今後のさらなる活躍に注目したいと思います。

 

EL決勝の日程と放送予定

アーセナルはヨーロッパリーグ決勝でチェルシーと対戦します。

欧州カップ戦決勝でのビッグロンドン・ダービーということで、好ゲームが期待されます。

決勝戦の日程や放送予定はこちらを参考にしてみてください。

【EL決勝2019】チェルシーVSアーセナルの中継と日程!地上波での放送はある?

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

エジルのプレースタイルと背番号!特徴は天性のパスセンス

ラカゼットのプレースタイルを解説!動き直しと決定力が持ち味!

ベジェリンのプレースタイルと背番号!スピードを活かしたプレーが持ち味

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です