ビジャレアル(2020-21)の最新メンバー・背番号・注目選手・フォーメーション

スポンサーリンク

久保建英選手が期限付き移籍で加入したビジャレアル。

 

今シーズンは名将エメリ新監督の下、ダニ・パレホやコクランなど有名選手を補強。

 

クラブ史上初のタイトルを目標に掲げています。

 

そこで、今回はビジャレアル(2020-21シーズン)のメンバー、背番号、フォーメーション、注目選手についてまとめたので参考にしてみてください。

ビジャレアル(2020-2021シーズン)のメンバーと背番号

GK

背番号 選手名 国籍 生年月日
1 セルヒオ・アセンホ スペイン 1989.6.28
13 アンドレス・フェルナンデス スペイン 1986.12.17
25 マリアーノ・バルボサ アルゼンチン 1984.7.27

DF

背番号 名前 国籍 生年月日
2 マリオ・ガスパール スペイン 1990.11.24
3 ラウール・アルビオル スペイン 1985.9.4
4 パウ・トーレス スペイン 1997.1.16
6 ラミロ・フネス・モリ アルゼンチン 1991.3.5
18 アルベルト・モレノ スペイン 1992.7.5
20 ルベン・ペーニャ スペイン 1991.7.18
21 ハウメ・コスタ スペイン 1988.3.18
22 ソフィアン・シャクラ モロッコ 1993.9.2
24 アルフォンソ・ペドラサ スペイン 1996.4.9

MF

背番号 名前 国籍 生年月日
5 ダニエル・パレホ スペイン 1989.4.16
8 ハビエル・オンティべロス スペイン 1997.9.9
10 ビセンテ・イボーラ スペイン 1988.1.16
11 サムエル・チュクウェゼ ナイジェリア 1999.5.22
14 マヌ・トリゲロス スペイン 1991.10.17
15 マヌ・モルラネス スペイン 1999.1.12
16 久保建英 日本 2001.6.4
19 フランシス・コクラン フランス 1991.5.13
23 モイ・ゴメス スペイン 1994.6.23
24 ハビエル・オンティベロ スペイン 1997.9.9

FW

背番号 名前 国籍 生年月日
7 ジェラール・モレノ スペイン 1992.4.7
9 カルロス・バッカ コロンビア 1986.9.8
12 ダニ・ラバ スペイン 1995.10.29
17 パコ・アルカセル スペイン 1993.8.30
34 フェル・ニーニョ スペイン 2000.10.24

 

ビジャレアルのフォーメーション

ビジャレアルは4ー4ー2もしくは4ー2ー3ー1を基本布陣にしています。

 

4-4-2

 

4-2-3-1

ビジャレアル 4-2-3-1

 

久保選手は2列目のポジションであれば、どこまでプレー可能です。

 

ビジャレアルの注目選手

ビジャレアルの注目選手とその特徴を簡単にまとめたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

セルヒオ・アセンホ

ビジャレアルの正守護神。

キャッチングに定評のあるGKで、強気なセーブでチームを盛り上げる。

過去に膝の前十字靭帯断裂を4度も経験した苦労人だが、その度に復活を遂げてきた。

この不屈の精神もアセンホの魅力である。

 

マリオ・ガスパール

ビジャレアルの下部組織出身。

豊富な運動量を武器に攻守に貢献できるSB

あらゆる能力が平均以上で、弱点らしい弱点がないプレーヤーだ。

 

ラウール・アルビオル

バレンシアやレアルマドリード、ナポリで活躍したベテランCB。

経験を生かした的確な判断力でビジャレアルの守備を支えている。

 

パウ・トーレス

スペイン代表でも主力選手として活躍しているCB。

191cmと長身だが、スピードにも優れている選手で、簡単に裏を取らせない。

また、左足から放たれる精度の高いキックはビジャレアルのビルドアップに欠かせないものになっている

 

アルベルト・モレノ

スピードを生かしたダイナミックな攻撃参加が魅力の元スペイン代表の左SB

かつてはセビージャ、リバプールでプレーしており、リバプール最終年はCLのトロフィーを掲げた。

プレシーズンマッチで靭帯損傷の大怪我を負い、早い復帰が期待される。

 

ダニエル・パレホ

2020-21シーズン、バレンシアから加入。

リーガ屈指の司令塔で、多彩なキックと視野の広さを武器に多くのチャンスを演出

また、守備のポジショニングも的確で、鋭い読みでインターセプトする。

 

フランシス・コクラン

2020-21シーズン、バレンシアから加入。

豊富な運動量とボール奪取能力を武器に中盤を支える潰し屋。

ボールを奪ってから攻撃の起点になるパスを出せるのも魅力。

 

ビセンテ・イボーラ

体格を生かした守備とサイズには似つかわしくないボール技術が魅力のボランチ。

セビージャ時代はEL3連覇を経験。

また、レスター時代は岡崎慎司とチームメイトだった。

 

サムエル・チュクウェゼ

ナイジェリア代表の左利きのドリブラー。

爆発的なスピードとカットインからのラストパス・シュートが魅力

久保選手とはポジションを争うライバルだが、共存も期待される。

 

久保建英

2020-21シーズン、レアルマドリードから期限付き移籍で加入。

昨シーズンは4ゴール4アシストの活躍を見せたが、ビジャレアルでは攻撃の時間が長くなる中、どこまで記録を残せるのか。

 

モイ・ゴメス

ビジャレアルの下部組織出身。

緩急を生かしたドリブル突破が武器の選手で、主に左サイドで起用されることが多いが、右サイドでもプレー可能。

 

ジェラール・モレノ

セカンドトップのポジションで、多彩なゴールを決めるスペイン代表ストライカー。

2019-20シーズンはリーグ戦18ゴールで得点ランク3位の活躍。

 

パコ・アルカセル

ドルトムント時代はスーパーサブとして得点を量産したストライカー。

ノルウェー代表ハーランドの加入により、2020年冬にビジャレアルに移籍。

DFラインとの駆け引きが上手く、裏への飛び出しやポストプレーに定評がある

 

まとめ

今回はビジャレアルの2020-21シーズンのメンバー、背番号、スタメン、フォーメーション、注目選手を紹介しました。

 

クラブ史上初のタイトル獲得に向け、パレホ、コクラン、久保選手らを獲得し、本気度が伺える今シーズンのビジャレアル。

 

エメリ監督はタイトルに導くことができるのでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です