ベンタンクールのプレースタイルと背番号!ウルグアイの若き司令塔

スポンサーリンク

ユベントス所属のウルグアイ代表ベンタンクール。

 

ウルグアイ人ですが、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズの下部組織出身でトップチームに昇格してから瞬く間に司令塔として君臨した逸材です。

 

今回はベンタンクールのプレースタイル・背番号・ポジションについて書きたいと思います。

ベンタンクールのプロフィール

名前:ロドリゴ・ベンタンクール

生年月日:1997年6月5日

国籍:ウルグアイ

出身:ヌエバ・エルベシア

身長:187cm

体重:72kg

利き足:右足

ポジション:MF

経歴:ボカ・ジュニアーズ(2015~2017)
⇒ユベントス(2017~)

 

ベンタンクールの背番号は30番

 

これはかつて

  • アレッサンドロ・フラーラ
  • チアゴ
  • マルコ・ストラーリ

といった選手が背負った番号です。

 

ちなみにヨーロッパの多くのビッククラブがベンタンクールに熱視線を送る中でユベントスに加入したのはテベスの存在があります。

 

2015年にテベスはユベントスからボカへ移籍しました。

実はこの時ボカ側は移籍金を用意することができず、ベンタンクールと優先的に交渉できるオプションを盛り込んでテベスを獲得しました。

 

ユベントスはその権限を行使したことで、ベンタンクールを獲得することができました。

 

テベスの置き土産として、ユベントスには大切に育てて欲しいですね。

 

ベンタンクールのプレースタイル

ベンタンクールはインサイドハーフやボランチなど中盤の中央でのプレーを得意としています。

 

プレーには以下の特徴があります。

 

司令塔としてゲームメイク

長短のパスを左右に散らしてゲームを上手く組み立てていきます。

とにかくシンプルに回して攻撃にリズムを作ります。

 

無難な選択をし過ぎる試合も時にはありますが、調子が良い時は狭くて難しいコースへの縦パス逆サイドに展開するなど攻撃のスイッチを入れる効果的なプレーを見せることもあります。

 

また相手のプレッシャーが激しくても、落ち着いてプレスをいなす姿はとても20歳とは思えません。

ベンタンクールはファーストタッチが正確で、視野が広く判断スピードが早いので、相手のプレスを簡単にかわして前を向くことができるんですよね。

体の当て方も上手く、キープ力はかなり高いですね。

 

そして時折見せるドリブルでの持ち運びも魅力。

試合を見ているとドリブルのコース取りが素晴らしい印象を受けます。

 

ドリブルで持ち上がっての細かいパス交換でダイナミックに前進できるのも武器で、ユベントスではもう少し連携が深まれば更に良くなってくると思います。

スポンサーリンク

守備能力も高い

攻撃面での活躍が大きいベンタンクールですが、守備の能力も高いです。

 

少し華奢に見えますが対人が強くボール奪取に優れ、巧みにパスコースを消して相手にチャンスを作らせません。

 

中盤の選手としてはかなりマルチな能力を持っています。

 

もちろんまだ若いので完璧というわけではなく脆さもあり、重要な試合でスタメンを任せられるかというとまだ改善の余地があります。

 

ですが、これから経験を積んでポジショニングや状況判断を磨いていけば間違いなく守備面でも一流の選手になるでしょう。

 

まとめ

  • 左右にパスを展開して攻撃を組み立てる
  • 相手のプレッシャーが激しくても落ち着いてボールを捌ける
  • ドリブルでの持ち運びも武器
  • 守備の能力も高い

 

このまま順調に成長してチャンピオンズリーグやワールドカップなどの大舞台を経験すれば、将来はモドリッチやシャビに匹敵する選手になっていきそうです。

それくらいベンタンクールのポテンシャルは高いと思います。

 

ベンタンクールのプレーを見るならDAZNがおすすめです。

セリエAやチャンピオンズリーグなどを生放送で配信しています。

DAZNの魅力とは?視聴できるサッカーコンテンツ一覧!

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

ディバラのプレースタイルと背番号やポジション!特徴はドリブルとシュートセンス

クアドラードのプレースタイルとポジション!スピードを活かしたドリブルに注目

マンジュキッチのプレースタイルと背番号!サイド起用でプレーの幅に広がり

スアレスのプレースタイル!凄さは動き出しと決定力にあり!

カバーニのプレースタイルと特徴!守備の献身性と決定力が武器!

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です