アズムンのプレースタイルと背番号!スピードやフィジカルが武器の万能FW

スポンサーリンク

ロシアの強豪ルビン・カザンに所属するイラン代表のサルダル・アズムン。

 

メディアでは「イランのメッシ」と評されることも多いですが、実際のプレースタイルは大きく異なります。

 

今回はそんなアズムンのプレースタイルと背番号について書きたいと思います。

アズムンのプロフィール

名前:サルダル・アズムン

生年月日:1995年1月1日

国籍:イラン

出身:ゴンバデ・カーブース

身長:186cm

体重:80kg

利き足:右足

ポジション:FW

背番号:33

経歴:FCルビン・カザン(2013~2016)
⇒FCロストフ(2015~2016) ※ローン移籍
⇒FCロストフ(2016~2017)
⇒FCルビン・カザン(2017~)

 

アズムンはセパハンFC(イラン)のユースチームでの活躍が評価され、ロシア移籍が実現しました。

 

つまり、イランのトップチームで試合に出ることなく、18歳で海外クラブに移り、すでに6年ほどプレーしています。

 

背番号は代表では20番、クラブでは33番をつけています。

 

アズムンのプレースタイル

中東はアフリカ系のFWのようなプレーをする選手が多いですが、アズムンはどちらかと言えばヨーロッパ系の何でもできるFWというイメージです。

  • フィジカル
  • スピード
  • テクニック
  • 決定力

全て平均以上の能力を持っており、その万能性はアジアNo.1と言っても過言ではありません。

 

身体の強さ・スピード・テクニックを活かした多彩なシュートパターンでいとも簡単にゴールを奪うのがアズムンの特徴です。

 

高さ・身体能力を活かしたエアバトル

アズムンの武器の一つは、186cmの長身を活かしたヘディング。

 

高さに加え、身体能力も抜群で相手より頭一つ抜き出るジャンプ力があるため、ボックス内ではかなり脅威となっています。

 

ヘディングシュートの精度も高いので、DFはしっかりマークしておかないと簡単に決められてしまいます。

 

ただ「ニアに動いて相手マークを引きつけ、クロスが上がる瞬間にファーに流れてマークを剥がす」などオフザボールの動きが抜群に上手いので、DFとしてはかなり守りづらいでしょう。

 

こちらはヘディングで決めたシーン。0:26~あたりからです。

 

身体の強さを活かしたポストプレー

デビューして数年はまだ身体が出来上がってなく、簡単に倒れるシーンもありましたが、最近は相手を背負うプレーも難なくこなします。

 

パスが来る前に、相手に体をぶつけてブロックしながらパスを受けるなど、身体の使い方もロシアでの経験を経て、確実に上手くなっていますね。

 

強靭なフィジカルに加え、長身FWとは思えないほど足元のテクニックもあるため、ボールキープは抜群に安定感があります。

スポンサーリンク

スピードを活かした裏抜け

長身らしからぬスピードもアズムンの武器。

 

絶えず動きながら最終ラインの裏のスペースを狙っており、抜け出すタイミングも上手いです。

 

また、連携ミスや処理ミスは決して見逃さず、一瞬のスピードでボールを奪い、ゴールを奪います。

 

イラン代表ではアズムンのスピードや球際の強さを活かして後方からロングボールを出すことが多いです。

 

そこで、アズムンが競り勝ったり、スピードで抜け出すことでチャンスが生まれています。

 

こちらの動画はアジアカップ準々決勝の試合で、1点目と2点目に絡んでいます。

 

1点目のシーンは、一瞬スピードを緩め、ボールがバウンドする瞬間に猛スピードでプレスをかけていることが分かります。

 

ちゃんと狙いを持って、動き出しの準備ができている点が素晴らしいですね。

 

中盤に下りてパスも捌ける

足元の技術に自信があるアズムンは最前線に張るだけでなく、時には中盤に下りてパスを捌くこともできます。

 

中盤に下りてボールを受け、素早くフリーの味方を見つけて、パスを出すことで攻撃にリズムをもたらしています。

 

ドリブルも上手い

繊細なタッチとスピードでドリブルでも脅威になれる選手です。

 

中央付近でも、スペースがあれば得意のスピードを活かしてドリブル突破を図ります。

 

ロストフ時代にチャンピオンズリーグでバイエルンと試合したことがありますが、この試合でもカウンターからスピードに乗った状態でペナルティーエリアに侵入。

 

そこから鋭い切り返しでボアテングを完全に振り切り、ゴールを奪いました。

 

時には中央で密集していても、強引にドリブル突破してシュートを決めることもあります。

前述の通り、身体の強さがあるため、少々体をぶつけられても、シュート精度が落ちることがありません。

 

まとめ

今回はアズムンのプレースタイルと背番号について紹介しました。

フィジカル・スピード・テクニック・決定力、全て平均以上の万能FW

ヘディング、裏抜け、ドリブルなどシュートに至るまでのパターンも多彩

 

味方を活かすこともできるアズムンは非常にプレーの幅が広く、更に成長していけば、いずれヨーロッパのビッククラブでプレーする日も近いかもしれません。

 

サッカー見るならDAZNがおすすめ

DAZNで欧州サッカー・Jリーグが見放題!2018年からは欧州CLも開始

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

南野拓実のプレースタイルや背番号!高速ターンや裏抜けが特徴

吉田麻也のプレースタイルと背番号!特徴は平均値の高さ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です