レアルソシエダ【2022-23】のメンバー一覧・背番号・年齢・補強・注目選手を紹介!

今回はレアルソシエダのメンバー一覧・背番号・年齢・補強・注目選手について紹介します。

 

昨シーズンは6位フィニッシュでCL出場を逃しましたが、EL出場権を獲得。

 

加入間近とも言われる久保建英選手がリーガとヨーロッパの舞台で、どんな活躍を見せてくれるのかも非常に楽しみです。

スポンサーリンク

【2022~23シーズン】レアルソシエダのメンバー・背番号・年齢

GK
背番号 名前 生年月日
年齢
国籍
1 アレックス・レミロ 1995.3.24
27歳
スペイン
13 マシュー・ライアン 1992.4.8
30歳
オーストラリア
32 ウナイ・マレーロ 2001.10.9
20歳
スペイン
DF
背番号 名前 生年月日
年齢
国籍
6 アリツ・エルストンド 1994.3.28
28歳
スペイン
12 アイヘン・ムニョス 1997.8.16
24歳
スペイン
15 ディエゴ・リコ 1993.3.23
29歳
スペイン
18 アンドニ・ゴロサベル 1996.8.4
25歳
スペイン
24 ロビン・ル・ノルマン 1996.11.11
25歳
フランス
26 ジョン・パチェコ 2001.1.9
21歳
スペイン
30 ウルコ・ゴンサレス 2001.3.20
21歳
スペイン
39 ジョナサン・ゴメス 2003.9.1
18歳
アメリカ
MF
背番号 名前 生年月日
年齢
国籍
3 マルティン・スビメンディ 1999.2.2
23歳
スペイン
4 アシエル・イジャラメンディ 1990.3.8
32歳
スペイン
5 イゴール・スベルディア 1997.3.30
25歳
スペイン
8 ミケル・メリーノ 1996.6.22
26歳
スペイン
16 アンデル・ゲバラ 1997.7.7
25歳
スペイン
21 ダビド・シルバ 1986.1.8
36歳
スペイン
23 ブライス・メンデス 1997.1.7
25歳
スペイン
27 ベニャト・トゥリエンテス 2002.1.31
20歳
スペイン
29 ロベルト・ナバーロ 2002.4.12
20歳
スペイン
31 アレックス・ソラ 1999.6.9
23歳
スペイン
FW
背番号 名前 生年月日
年齢
国籍
7 アンデル・バレネチェア 2001.12.27
20歳
スペイン
9 カルロス・フェルナンデス・ルナ 1996.5.22
26歳
スペイン
10 ミケル・オヤルサバル 1997.4.21
25歳
スペイン
11 モハメド=アリ・チョー 2004.1.9
18歳
フランス
19 アレクサンデル・イサク 1999.9.21
22歳
スウェーデン
33 ジョン・カリカブル 2002.9.19
19歳
スペイン

 

スポンサーリンク

 

2022夏新加入選手・退団選手

新加入選手

ブライス・メンデス←セルタ

モハメド=アリ・チョー←アンジェ

退団選手

ウィリアン・ジョゼ→ベティス

ホセバ・サルドゥア→カディス

ケヴィン・ロドリゲス→アダナ・デミルスポル

ホン・グリディ→アラベス

ポルトゥ→ヘタフェ ※ローン移籍

ロベルト・ロペス→ミランデス ※ローン移籍

モディボ・サグナン→ユトレヒト ※ローン移籍

ピーター・ポコルニー→フェヘールヴァール ※ローン移籍

アドナン・ヤヌザイ→未定

ナチョ・モンレアル→未定

 

レアルソシエダの注目選手

ロビン・ル・ノルマン

フランスのスタッド・ブレストで頭角を現すと、2016-17シーズンにソシエダへ完全移籍。

加入後はBチームでのプレーから始めたが、2019-20シーズンから本格的にレギュラー定着。

鋭い読みのパスカットとタックルでピンチの芽を摘む好CB。

パスの精度も高く、攻撃的なソシエダのビルドアップを支えている。

 

マルティン・スビメンディ

カンテラ時代からソシエダ一筋の生え抜きMF。

本職はアンカーで、中盤の底でパスを散らし攻撃の起点になる。

CBでもプレー可能。

東京オリンピックのメンバーにも選出されており、銀メダル獲得に貢献した。

 

ミケル・メリーノ

オサスナでプロデビューを果たしたMF。

能力を評価されてドルトムントやニューカッスルに移籍を果たすものの、思うような成績を残せず、2018-19シーズンにソシエダに加入。

長短のパスを織り交ぜながら決定機を生み出し、時には自らエリア内へ顔を出しゴールを陥れる。

189cmの長身を生かしたヘディング、対人守備の強さにも定評があり、総合力の高いMF。

スピメンディ同様に、東京オリンピックのメンバーに選出されており、銀メダル獲得に貢献した。

 

ダビド・シルバ

バレンシアやマンチェスターシティ、スペイン代表で活躍してきたベテランMF。

魔法のようなパスで決定機を生み出すプレーは、36歳になった今でも全く衰えを感じさせない。

4月に2023年まで契約を延長している。

 

ミケル・オヤルサバル

ドリブル・スピード・パス・シュートどれを取っても一級品のウインガー。

能力の高さからストライカーとしての働きも期待できる。

2021年4月に行われたコパデルレイ19-20決勝では、決勝点を決めチームに34年ぶりのカップタイトルをもたらした。

オヤルサバルも東京オリンピックの一員として、銀メダル獲得に貢献している。

 

ブライス・メンデス

セルタから加入した技巧派レフティー。

187cmの長身とはかけ離れたテクニックが魅力で、パスの質やトラップはスペイン人の中でもトップクラス。

味方との連携が肝のプレーヤーと言えるが、同じビジョンを共有できる選手が多いソシエダで真価を発揮できるのか。

スペイン代表ではこれまで4試合に出場し、1ゴールを決めている。

 

モハメド=アリ・チョー

フランスの神童として期待を集める18歳のアタッカー。

爆発的なスピードと当たり負けしない屈強なフィジカルを武器にサイドを切り裂く。

本職は右ウイングだが、センターフォワードでもプレー可能。

フランスのアンジェではクラブ史上最年少でトップリーグデビューを果たし、昨シーズンは32試合4ゴールという成績を残している。

得点力が本格的に開花すれば、絶対的な主力になれると予想される。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はレアルソシエダの2022-23シーズンのメンバー、背番号、注目選手を紹介しました。

 

2012-13以来の4位フィニッシュへ、今季のソシエダがどんな試合を見せるのか。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!