アジアカップ2024の地上波テレビ放送・配信中継予定と日程!

現在カタールで開催中のAFCアジアカップ2023。

 

今大会は2023年6月に中国で開催予定でしたが、新型コロナの影響で開催を断念し、カタールでの代替開催が決定しました。

 

日本はすでに敗退が決定しましたが、アジアの頂点を掴むのはどこになるのか。

 

今回はAFCアジアカップ2023のテレビ放送・配信中継予定、日程、注目選手などについて紹介します。

アジアカップはDAZNで全試合ライブ放送

アジアカップ2023(2024)はBSやCSでの中継がありません

DAZNでグループリーグから決勝まで全試合ライブ放送されます

地上波はグループリーグ第2節(vsイラク)、準々決勝、準決勝、決勝の日本代表戦最大4試合をテレビ朝日で生中継予定

※日本の敗退が決定したため、準決勝以降テレビ朝日での放送予定は無くなります

よって、アジアカップを存分に楽しみたい方はDAZNに加入するのがおすすめです。

アジアカップの他、FAカップ、カラバオカップ、ラリーガ、セリエA、Jリーグ、ACLなどサッカーコンテンツが充実

登録後すぐにテレビ・スマホ・パソコン・タブレットで試合を見ることができます

なお、DAZNの月額料金は3,700円(税込)ですが、「DMM×DAZNホーダイ」経由で登録すれば月額2,980円(税込)に

DAZNから直接契約するよりも720円お得に視聴できるだけでなく、DMM TVなどDMMのコンテンツや特典も利用できるようになります

ちなみに2月14日から月額4,200円の値上げを発表したDAZNですが、DMM×DAZNホーダイも3月1日からの新規登録者は月額3,480円に値上げされます

ただし、2月29日までの登録者は引き続き改定前の月額2,980円で楽しめるので、価格改定後は1,220円お得です

※一度解約して3月1日以降に再契約した場合は価格改定後の料金となります

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

目次

AFCアジアカップ2023(2024)出場チーム

グループA出場チーム
  • カタール
  • 中国
  • タジキスタン
  • レバノン
グループB出場チーム
  • オーストラリア
  • ウズベキスタン
  • シリア
  • インド
グループC出場チーム
  • イラン
  • UAE
  • 香港
  • パレスチナ
グループD出場チーム
  • 日本
  • インドネシア
  • イラク
  • ベトナム
グループE出場チーム
  • 韓国
  • バーレーン
  • マレーシア
  • ヨルダン
グループF出場チーム
  • サウジアラビア
  • タイ
  • オマーン
  • キルギス

 

日本代表のメンバー

GK
背番号 名前 生年月日 所属
1 前川黛也 1994/9/8
(29歳)
ヴィッセル神戸
12 野澤大志ブランドン 2002/12/25
(21歳)
FC東京
23 鈴木彩艶 2002/8/21
(21歳)
シントトロイデン
DF
背番号 名前 生年月日 所属
2 菅原由勢 2000/6/28
(23歳)
AZ
3 谷口彰悟 1991/7/15
(32歳)
アルラーヤン
4 板倉滉 1997/1/27
(26歳)
ボルシアMG
15 町田浩樹 1997/8/25
(26歳)
ユニオンサンジロワーズ
16 毎熊 晟矢 1997/10/16
(26歳)
セレッソ大阪
19 中山雄太 1997/2/16
(26歳)
ハダースフィールド
21 伊藤洋輝 1999/5/12
(24歳)
シュツットガルト
22 冨安健洋 1998/11/5
(25歳)
アーセナル
24 渡辺剛 1997/2/5
(26歳)
ヘント
MF
背番号 名前 生年月日 所属
5 守田英正 1995/5/10
(28歳)
スポルティング
6 遠藤航 1993/2/9
(30歳)
リバプール
7 三笘薫 1997/5/20
(26歳)
ブライトン
8 南野拓実 1995/1/16
(28歳)
ASモナコ
10 堂安律 1998/6/16
(25歳)
フライブルク
13 中村敬斗 2000/7/28
(23歳)
スタッドランス
14 伊東純也 1993/3/9
(30歳)
スタッドランス
17 旗手怜央 1997/11/21
(26歳)
セルティック
20 久保建英 2001/6/4
(22歳)
レアルソシエダ
26 佐野海舟 2000/12/30
(23歳)
鹿島アントラーズ
FW
背番号 名前 生年月日 所属
9 上田綺世 1998/8/28
(25歳)
フェイエノールト
11 細谷真大 2001/9/7
(22歳)
柏レイソル
18 浅野拓磨 1994/11/10
29(歳)
ボーフム
25 前田大然 1997/10/20
(26歳)
セルティック

 

アジアカップ歴代優勝国

開催年 優勝 準優勝 3位 開催国
1956 韓国 イスラエル 香港 香港
1960 韓国 イスラエル 台湾 韓国
1964 イスラエル インド 韓国 イスラエル
1968 イラン ミャンマー イスラエル イラン
1972 イラン 韓国 タイ タイ
1976 イラン クウェート 中国 イラン
1980 クウェート 韓国 イラン クウェート
1984 サウジアラビア 中国 クウェート シンガポール
1988 サウジアラビア 韓国 イラン カタール
1992 日本 サウジアラビア 中国 日本
1996 サウジアラビア UAE イラン UAE
2000 日本 サウジアラビア 韓国 レバノン
2004 日本 中国 イラン 中国
2007 イラク サウジアラビア 韓国 インドネシア
タイ
マレーシア
ベトナム
2011 日本 オーストラリア 韓国 カタール
2015 オーストラリア 韓国 UAE オーストラリア
2019 カタール 日本 UAE
イラン
UAE

 

国別優勝回数

優勝 準優勝 ベスト4 出場
日本 4 1 1 9
サウジアラビア 3 3 0 10
イラン 3 0 6 14
韓国 2 4 4 14
イスラエル 1 2 1 4
クウェート 1 1 2 10
オーストラリア 1 1 0 4
イラク 1 0 2 9
カタール 1 0 0 10

 

AFCアジアカップ2023(2024)のテレビ放送・ネット中継予定

地上波はテレビ朝日で最大4試合放送

地上波はテレビ朝日で 日本戦最大4試合を生中継

地上波はテレビ朝日で日本代表のグループ第2節(vsイラク)、準々決勝、準決勝、決勝の最大4試合を生中継します

 

テレビ朝日で放送する試合はTVerでもリアルタイム配信があります。

 

準々決勝~決勝はあくまで日本代表が勝ち進んだ場合のため、敗退した場合は放送がありません

 

また、グループ第1節(vsベトナム)、第3節(vsインドネシア)、ラウンド16の地上波放送もありません。

 

テレビ朝日は2001年~2020年までAFC主催大会(アジアカップ、W杯最終予選など)の放映権を持っていましたが、すでに放映権を手放しており、サブライセンスを購入して日本代表戦を放送している状況です。

 

そのため、これまで通り日本代表戦を全試合放送することが難しくなっています。

 

テレビ朝日のアジアカップ放送スケジュール

ラウンド 日時 対戦カード
グループ
第2節
1.19(金)
20:30~
イラク – 日本
実況:吉野真治
解説:松木安太郎,内田篤人
準々決勝 2.3(土)
20:30~
イラン – 日本
実況:寺川俊平
解説:松木安太郎,内田篤人
ピッチ解説:槙野智章
準決勝 2.7(水)
24:00~
日本 – 未定
決勝 2.10(土)
24:00~
日本 – 未定

※準々決勝以降、日本が敗退した場合は放送なし

 

テレビ朝日は松木安太郎氏、内田篤人氏が現地入りしているようなので、日本が勝ち進んだ場合もこのコンビが解説を担当することが予想されます。

スポンサーリンク

BS・CSでの放送は無し

かつてはNHK BS1で日本代表戦以外も放送されていたアジアカップですが、今大会NHK BS1は放映権を持っていません。

 

また、その他のBS・CS各局での放送もありません。

 

DAZNは全試合ライブ放送

AFCアジアカップは DAZNで全試合ライブ放送 (1)
DAZNの特徴
  • アジアカップを全試合ライブ放送
  • グループリーグ第1節、第3節、ラウンド16の日本代表戦はDAZN独占
  • ラリーガ、セリエA、リーグアン、ベルギーリーグ、Jリーグ、ACL、FA杯、DFBポカールなどサッカーコンテンツが充実
  • テレビ・スマホ・パソコン・タブレットで視聴可能
  • ライブ放送・追っかけ視聴・見逃し配信・ハイライト配信
  • 月額3,700円(税込)
  • DMM×DAZNホーダイから登録すれば月額2,980円(税込)で視聴可能

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

アジアカップはAFCの放映権を持つDAZNで全試合ライブ放送されます

 

前述の通り、地上波放送はグループ第2節、準々決勝~決勝の最大4試合のみなので、グループ第1節(vsベトナム)、第3節(vsインドネシア)、ラウンド16の日本代表戦はDAZN独占ライブ放送となります

 

地上波放送のように放送枠が無いため、試合後は選手・監督インタビューやハイライト、解説者によるボード解説などが充実しており、試合をじっくり振り返ることができます

 

なお、DAZNでは海外サッカーの実況でお馴染みの下田恒幸氏、野村明弘氏、桑原学氏らが実況を担当。

 

また、昨シーズン現役を引退した小野伸二氏が日本戦全試合でゲスト解説

 

その他、林陵平氏、佐藤寿人氏、槙野智章氏らも解説・リポートを担当し、アジアカップ関連番組も充実しています。

 

DAZNのアジアカップ日本戦放送スケジュール

ラウンド 日時 対戦カード
グループ
第1節
1.14(日)
20:30~
日本 – ベトナム
実況:下田恒幸
解説:槙野智章,小野伸二
現地リポート:佐藤寿人
グループ
第2節
1.19(金)
20:30~
イラク – 日本
実況:桑原学
解説:林陵平,小野伸二
現地リポート:佐藤寿人
グループ
第3節
1.24(水)
20:30~
日本 – インドネシア
実況:野村明弘
解説:槙野智章,小野伸二
現地リポート:佐藤寿人
ラウンド16 1.31(水)
20:30~
バーレーン – 日本
実況:下田恒幸
解説:水沼貴史,小野伸二
現地リポート:佐藤寿人
準々決勝 2.3(土)
20:30~
イラン – 日本
実況:野村明弘
解説:水沼貴史,小野伸二
準決勝 2.7(水)
24:00~
日本 – 未定
決勝 2.10(土)
24:00~
日本 – 未定

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

DAZNの特徴① サッカーコンテンツが充実

dazn サッカーコンテンツ

DAZNはアジアカップの他、Jリーグを全試合ライブ放送、アジアチャンピオンズリーグも決勝まで独占ライブ放送

 

また、ラリーガやセリエA、リーグアン、ポルトガルリーグ、ベルギーリーグ、FAカップ、カラバオカップ、コッパイタリア、DFBポカールなど海外サッカーのコンテンツも充実しています

放送する大会 備考
AFCアジアカップ 全試合放送
W杯アジア最終予選  
AFCアジアチャンピオンズリーグ 決勝まで独占ライブ放送
AFC U23アジアカップ(パリ五輪予選) 2024年4月開催
Jリーグ J1・J2全試合ライブ放送
ラリーガ 毎節最大10試合ライブ放送
セリエA 毎節6~10試合ライブ放送
リーグアン 毎節5試合程度ライブ放送
ASモナコ・スタッドランス・パリSG戦は毎節放送予定
ポルトガルリーグ スポルティング、ベンフィカ戦をメインにライブ放送
ベルギーリーグ  
FAカップ 決勝までライブ放送
カラバオカップ 決勝まで独占ライブ放送
コッパイタリア 決勝まで独占ライブ放送
スーペルコッパ・イタリアーナ 決勝まで独占ライブ放送
DFBポカール 決勝まで独占ライブ放送
フランスカップ 決勝まで独占ライブ放送
チャンピオンシップ(イングランド2部) 注目試合を独占ライブ放送
ポルトガル2部 オリヴェイレンセ(三浦知良所属)戦を毎節ライブ放送

 

サッカーの他にもプロ野球やF1など他のスポーツも配信予定です。

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

DAZNの特徴② ネットだけでなくテレビの大画面でも視聴可能

amazon fire tv stick

 

DAZNはネット環境さえあれば、登録後すぐにスマホ・パソコン・タブレットで、いつでもどこでも視聴可能。

 

また、ライブ放送だけでなく、追っかけ視聴や試合終了後の見逃し配信、ハイライト配信など様々な方法で視聴を楽しめます

 

そして、DAZNはテレビアプリがあるため、Amazon Fire stick TVやPS4/PS5などのゲーム機があればテレビでも見ることができます。

 

Amazon Fire TV Stickで視聴する場合はテレビ側面のHDMI端子にFire TV Stickを接続し、WiFiを繋げばOKです。

HDMI

 

DAZNの特徴③ DMM×DAZNホーダイはお得に視聴可能

dmm daznホーダイ

DAZNは月額3,700円(税込)ですが、昨年スタートした「DMM×DAZNホーダイ」経由で登録すれば月額2,980円(税込)で利用可能

 

DAZNから直接契約するよりも720円お得に視聴できるだけでなく、DMM TVなどDMMのコンテンツや特典も利用できるようになるのでおすすめです

 

DMM TVはアニメ、映画作品が充実しており、「大脱出」「ケンシロウによろしく」「インシデンツ」などオリジナル作品も配信中。

 

佐久間宣行氏プロデュースの「インシデンツ2」は1月19日(金)より配信が始まります。

 

さらにDMM×DAZNホーダイに新規登録することで最大3ヶ月間毎月DMMポイントが550ポイントプレゼント

 

DMMポイントはDMM TVで新作映画をレンタルする時やDMMブックスで漫画を購入する時など様々な商品・サービスに利用できます。

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

2/29までの登録で価格改定後も2,980円で楽しめる

DAZNは2月14日から月額料金を3,700円から4,200円に値上げすることを発表

DMM×DANZホーダイも月額2,980円から3,480円への値上げが決まりました

ただし、価格改定が適用されるのは3月1日からの新規登録者で、2月29日までに登録した方は3月以降も改定前の月額2,980円で利用できます

価格改定後は1,220円お得になるため、この機会での登録がおすすめです。

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

スポンサーリンク

AFCアジアカップ2023(2024)グループリーグ全試合の日程・放送予定

大会が始まってからは結果と順位表も更新していきます。

日時 対戦カード 放送
第1節 1.12(金)
25:00~
カタール 3-0 レバノン DAZN
第1節 1.13(土)
23:30~
中国 0-0 タジキスタン DAZN
第2節 1.17(水)
20:30~
レバノン 0-0 中国 DAZN
第2節 1.17(水)
23:30~
タジキスタン 0-1 カタール DAZN
第3節 1.22(月)
24:00~
カタール 1-0 中国 DAZN
第3節 1.22月)
24:00~
タジキスタン 2-1 レバノン DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 カタール 9 5 5 0
2 タジキスタン 4 0 2 2
3 中国 2 -1 0 1
4 レバノン 0 -4 1 4
日時 対戦カード 放送
第1節 1.13(土)
20:30~
オーストラリア 2-0 インド DAZN
第1節 1.13(土)
26:30~
ウズベキスタン 0-0 シリア DAZN
第2節 1.18(木)
20:30~
シリア 0-1 オーストラリア DAZN
第2節 1.18(木)
23:30~
インド 0-3 ウズベキスタン DAZN
第3節 1.23(火)
20:30~
シリア 1-0 インド DAZN
第3節 1.23(火)
20:30~
オーストラリア 1-1 ウズベキスタン DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 オーストラリア 7 3 4 1
2 ウズベキスタン 5 3 4 1
3 シリア 4 0 1 1
4 インド 0 -6 0 6
日時 対戦カード 放送
第1節 1.14(日)
23:30~
UAE 3-1 香港 DAZN
第1節 1.14(日)
26:30~
イラン 4-1 パレスチナ DAZN
第2節 1.18(木)
26:30~
パレスチナ 1-1  UAE DAZN
第2節 1.19(金)
26:30~
香港 0-1 イラン DAZN
第3節 1.23(火)
24:00~
香港 – パレスチナ  DAZN
第3節 1.23(火)
24:00~
イラン – UAE DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 イラン 9 5 7 2
2 UAE 4 1 5 4
3 パレスチナ 4 0 5 5
4 香港 0 -6 1 7
日時 対戦カード 放送
第1節 1.14(日)
20:30~
日本 4-2 ベトナム DAZN
第1節 1.15(月)
23:30~
インドネシア 1-3 イラク DAZN
第2節 1.19(金)
20:30~
イラク 2-1 日本 テレビ朝日
DAZN
第2節 1.19(金)
23:30~
ベトナム 0-1 インドネシア DAZN
第3節 1.24(水)
20:30~
日本 3-1 インドネシア DAZN
第3節 1.24(水)
20:30~
イラク 2-2 ベトナム DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 イラク 9 4 8 4
2 日本 6 3 8 5
3 インドネシア 3 -3 3 5
4 ベトナム 0 -4 4 8
日時 対戦カード 放送
第1節 1.15(月)
20:30~
韓国 3-1 バーレーン DAZN
第1節 1.15(月)
26:30~
マレーシア 0-4 ヨルダン DAZN
第2節 1.20(土)
20:30~
ヨルダン 2-2 韓国 DAZN
第2節 1.20(土)
23:30~
バーレーン 1-0 マレーシア DAZN
第3節 1.24(水)
20:30~
韓国 3-3 マレーシア DAZN
第3節 1.24(水)
20:30~
ヨルダン 0-1 バーレーン DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 バーレーン 6 0 3 3
2 韓国 5 2 8 6
3 ヨルダン 4 3 6 3
4 マレーシア 1 -5 3 8
日時 対戦カード 放送
第1節 1.16(火)
20:30~
タイ 2-0 キルギス DAZN
第1節 1.16(火)
26:30~
サウジアラビア 2-1 オマーン DAZN
第2節 1.21(日)
23:30~
オマーン 0-0 タイ DAZN
第2節 1.21(日)
26:30~
キルギス 0-2 サウジアラビア DAZN
第3節 1.25(木)
24:00~
サウジアラビア 0-0 タイ DAZN
第3節 1.25(木)
24:00~
キルギス 1-1 オマーン DAZN
順位 チーム 勝ち点 得失差 得点 失点
1 サウジアラビア 7 3 4 1
2 タイ 5 2 2 0
3 オマーン 2 -1 2 3
4 キルギス 1 -4 1 5

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

決勝トーナメント全試合の日程・放送予定

アジアカップ 決勝トーナメント
ラウンド 日時 対戦カード 放送
ベスト16 1.28(日)
20:30~
オーストラリア 4-0 インドネシア DAZN
ベスト16 1.28(日)
25:00~
タジキスタン 1-1(PK5-3) UAE DAZN
ベスト16 1.29(月)
20:30~
イラク 2-3 ヨルダン DAZN
ベスト16 1.29(月)
25:00~
カタール 2-1 パレスチナ DAZN
ベスト16 1.30(火)
20:30~
ウズベキスタン 2-1 タイ DAZN
ベスト16 1.30(火)
25:00~
サウジアラビア1-1(PK2-4) 韓国 DAZN
ベスト16 1.31(水)
20:30~
バーレーン 1-3 日本 DAZN
ベスト16 1.31(水)
25:00~
イラン 1-1(PK5-3) シリア DAZN
準々決勝 2.2(金)
20:30~
タジキスタン 0-1 ヨルダン DAZN
準々決勝 2.2(金)
24:30~
オーストラリア 1-2 韓国 DAZN
準々決勝 2.3(土)
20:30~
 イラン 2-1 日本 テレビ朝日
DAZN
準々決勝 2.3(土)
24:30~
カタール 1-1(PK3-2) ウズベキスタン DAZN
準決勝 2.6(火)
24:00~
ヨルダン 2-0 韓国 DAZN
準決勝 2.7(水)
24:00~
イラン 2-3 カタール DAZN
決勝 2.10(土)
24:00~
ヨルダン – カタール DAZN

※日本が勝ち進んだ場合は準々決勝、準決勝、決勝の日本戦をテレビ朝日で放送

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

DAZNの登録方法

1.DMM×DAZNホーダイ公式サイトにアクセス

 

2.「DMM×DAZNホーダイに登録する」をクリック

1.DMM×DAZNホーダイに登録する

 

3.DMMアカウントにログイン(DMMアカウントを持っていない方は無料会員登録へ)

2.DMMアカウントにログイン(DMMアカウントを 持っていない方は 無料会員へ)

 

4.お支払方法を入力

お支払方法を選択

 

クレジットカードの他にDMMポイント、キャリア決済も可能

DMMポイント、キャリア決済も可能

 

5.入力が完了したら次へ

入力が完了したら次へ

 

6.登録するをクリック

登録するをクリック

 

7.これでDMM×DAZNホーダイの登録手続きが完了したので、次はDAZN連携へ進みます

DAZN連携へ進む

 

8.DAZNアカウントの作成をクリック

DAZNアカウントの作成

 

9.「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して次へ

「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して次へ

 

10.「登録する」をクリックしたらDAZN連携が完了し、視聴できるようになります。

登録するをクリック

 

DMM×DAZNホーダイの登録はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

AFCアジアカップ2023(2024)注目選手

日本代表は三笘薫、遠藤航、久保建英、冨安建洋など挙げたらキリがないほど注目選手がいますが、ここでは日本の前に立ちはだかる他国の注目選手を紹介します。

 

メフディ・タレミ(イラン/FCポルト)

名門FCポルトで不動のエースストライカーとして活躍中。

昨季は22ゴールを記録し、リオアヴェ時代(19-20)以来2度目のポルトガルリーグ得点王を獲得

20-21シーズンは11アシスト、21-22シーズンは12アシストを記録するなど決定力だけでなく、チャンスメイク能力にも定評があります

アジア最強のストライカーとしてアジアカップでも得点王の最有力候補です。

 

ソン・フンミン(韓国/トッテナム)

今季プレミアリーグではすでに10ゴールを記録しており、8年連続で二桁ゴールを達成

出場する選手の中では最も世界レベルで結果を残す選手ですが、3度目の優勝に導くことはできるのか。

 

ファンヒチャン(韓国/ウルヴァーハンプトン)

今季プレミアリーグでマンチェスターシティやリバプール相手にもゴールを決め、すでに二桁ゴールを達成したアタッカー

ザルツブルク時代は南野選手やハーランド、ソボスライらとチームメイトでした。

 

サレム・アルドサリ(サウジアラビア/アル・ヒラル)

サウジアラビアの絶対的なサイドアタッカー。

ネイマール、ミリンコヴィッチ=サヴィッチ、クリバリらが加入したアル・ヒラルでも不動のレギュラーとして、今季ここまで18試合9ゴール2アシストの活躍を見せています。

 

フィラース・アル=ブライカン(サウジアラビア/アル・アハリ)

カタールW杯アジア最終予選では日本とのホーム戦で決勝ゴールを決め、一時日本を窮地に陥れたストライカー。

昨季はアル・ファティフで30試合17ゴール4アシストの活躍を見せ、今季もここまで17試合11ゴール5アシストの活躍

アル・アハリはこの夏マフレズ、フィルミーノ、サン=マクシマン、ガブリ・ベイガ、ケシエ、イバニェス、メンディらが加入し大きな話題を集めましたが、同じく新加入のアル=ブライカンは現在実力でフィルミーノからポジションを奪い取っています。

動き出しと身体能力に定評があり、ストライカーとしてのセンスを感じさせる選手です

 

ミッチェル・デューク(オーストラリア/町田ゼルビア)

今季町田ゼルビアをJ1昇格に導いたストライカー。

4年連続オーストラリアリーグ得点王のジェイミー・マクラーレン、2度のW杯出場歴があるマシュー・レッキーらが怪我で招集外になっており、デュークにかかる期待は大きくなっています。

 

ジョーダン・ボス(オーストラリア/ウェステルロー)

オーストラリアリーグ史上最高額の移籍金でベルギー1部ウェステルローへの移籍を果たした21歳の逸材。

左サイドバックが本職ですが、代表では左ウイングのポジションでプレーしており、持ち味の突破力を遺憾なく発揮しています

また、得点力も兼ね備えており、逆サイドのボールに合わせるのも上手い選手です。

 

アルモエズ・アリ(カタール/アル・ドゥハイル)

前回大会7試合9ゴールの活躍で大会MVPと得点王に輝いたFW

今季カタールリーグではここまで12試合4ゴール7アシストの活躍

クラブではウイングでプレーしており、アシスト数の方が多いですが、ストライカーとしてプレーする代表では自慢の得点力を存分に発揮します。

現在27歳で全盛期と言える年齢で迎える大会になりますが、2大会連続の得点王を獲得できるのか。

 

アクラム・アフィフ(カタール/アル・サッド)

前回大会で得点王に輝いたアルモエズ・アリと共に攻撃の中心選手として、母国を初優勝に導いたアタッカー。

今季カタールリーグでは12試合13ゴール8アシストの活躍で好調を維持しています

開幕戦では早速2ゴールの活躍を披露しました。

 

ルーカス・メンデス(カタール/アル・ワクラ)

昨年カタール国籍を取得し、代表入りを果たしブラジル人CB。

ビルドアップ能力の高い選手で、所属クラブでは守備の要としてここまで全試合に出場しており、2位に位置するチームに欠かせない存在になっています。

2012年~2014年はフランスのマルセイユで活躍していました。

 

アボスベク・ファイズラエフ(ウズベキスタン/CSKAモスクワ)

ロシアの強豪CSKAモスクワで主力としてプレーする20歳のアタッカー

今季はここまで12試合2ゴール4アシストの活躍

エースのショムロドフが怪我で選外となった中、ファイズラエフには攻撃陣を牽引する働きが期待されます。

ちなみに昨年3月に行われたU20アジアカップでは大会MVPを獲得し優勝に貢献しました。

 

アブドゥコディル・クサノフ(ウズベキスタン/RCランス)

空中戦の強さが魅力の19歳のCBで、ファイズラエフと共にウズベキスタンの将来を期待される有望株です。

昨季リーグ2位の好成績を残したチームの中で、今季はリーグ戦5試合でスタメン出場を果たし、チャンピオンズリーグにも2試合出場。

スタッドランス戦は3バックの一角でフル出場を果たし、中村敬斗選手とマッチアップする場面も何度かありました。

 

ムーサ・アルタマリ(ヨルダン/モンペリエ)

リーグアンのモンペリエでプレーするアルタマリは左利きの技巧派ドリブラー。

昨季ベルギーリーグのルーヴェンで6ゴール4アシストと結果を残し、モンペリエ移籍を勝ち取りました。

今季ここまで15試合でスタメン出場を果たしており、3ゴール1アシストの活躍

リヨン戦では見事な2ゴールを決めてチームの勝利に貢献しました。

ヨルダンはブロックを敷いてカウンターを狙う場面が多くなると予想されますが、アルタマリのドリブルは間違いなく相手の脅威になるでしょう。

 

アイハム・ウスウ(シリア/ヘッケン)

シリア代表は今回のアジアカップでシリアにルーツを持つ3人の帰化選手を初招集。

その中で、ウスウは2022年にスウェーデンA代表デビューを果たした24歳のCB

チェコの名門スラヴィア・プラハで結果を残し、昨年スウェーデンリーグの強豪ヘッケンに加入し、UEFAヨーロッパリーグにも出場しています。

 

アリ・ジャシム(イラク/アル・クウワ[エアフォースクラブ])

ドリブルと鋭いシュートが魅力の19歳のウインガー。

昨年のU20アジアカップでは準決勝で日本相手にゴールを決め勝利に貢献。

今季ACLでは5試合4ゴールの活躍を見せ、カンテ、ベンゼマらを擁するアルイテハドにもゴールを決めており、今大会ニュースター候補として期待を集める選手です。

 

アリ・アドナン(イラク/メス・ラフサンジャーン)

かつてアジア屈指の左SBとしてセリエAのウディネーゼで活躍した30歳のDF。

ウディネーゼ退団後はアタランタ、バンクーバー・ホワイトキャップス(MLS)、ヴェイレBK(デンマーク)、ルビンカザン(ロシア)に所属し、現在はイランリーグでプレー。

イラク代表ではCBのポジションでプレーしており、豊富な経験を生かしています。

 

アブドゥラ・ユスフ(バーレーン/ムラダー・ボレスラフ)

バーレーン代表の中では唯一の欧州組のストライカー。

チェコ1部ムラダー・ボレスラフのエースストライカーとしてプレーしており、今季はここまで4ゴール2アシストの活躍。

かつてはチェコの強豪スラヴィア・プラハに所属しており、19-20シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグにも出場しています。

194cmの長身を生かしたプレーと裏への抜け出しに定評がある選手です。

 

オデイ・ダバー(シャルルロワ/パレスチナ)

ベルギー1部シャルルロワで森岡亮太選手のチームメイト。

ゴール前での冷静なフィニッシュが魅力で、昨シーズンはポルトガル1部のアロウカで14試合7ゴールの活躍。

シャルルロワに加入した今季はここまでリーグ14試合でスタメン出場を果たし、4ゴール2アシストの活躍。

シントトロイデン戦では鈴木彩艶選手の牙城を破る見事なボレーシュートを決めています。

 

まとめ

今回はアジアカップ2023(2024)の放送予定について紹介しました。

  • アジアカップはテレビ朝日とDAZNでライブ放送
  • DAZNは全試合ライブ放送
  • グループリーグ2試合、ラウンド16の日本戦はDAZN独占
  • DAZNはテレビ・スマホ・パソコン・タブレットで楽しめる
  • Jリーグ、ラリーガ、セリエA、リーグアン、FAカップなどサッカーコンテンツが充実

 

過去最強とも評される日本代表は2011年大会以来の優勝を成し遂げることができるのか。

 

アジアカップをDAZNで楽しみましょう!

 

DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら

DMM×DAZNホーダイ公式サイト

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!