デブライネのプレースタイルと背番号!特徴はシンプルなプレー

スポンサーリンク

マンチェスター・シティ所属のベルギー代表ケヴィン・デブライネ。

 

チェルシー時代はモウリーニョの評価を得ることができませんでしたが、その後はブンデス、シティで急成長。

 

いまやワールドクラスのMFに成長しました。

 

今回はデブライネのプレースタイルと背番号について紹介したいと思います。

デブライネのプロフィール

名前:ケヴィン・デブライネ(デブルイネ)

生年月日:1991年6月28日

国籍:ベルギー

出身:ヘント

身長:181cm

体重:76kg

利き足:右足

ポジション:MF

背番号:17

経歴:ヘンク(2008~2012)
⇒チェルシー(2012~2014)
⇒ヘンク(2012) ※ローン移籍
⇒ブレーメン(2012~2013) ※ローン移籍
⇒ヴォルフスブルク(2014~2015)
⇒マンチェスター・シティ(2015~)

 

デブライネのプレースタイル

プレースタイルは以下の特徴があります。

 

高精度の決定力とラストパス

デブライネは得点能力・アシスト能力が共にずば抜けており、高精度のフィニッシュとスルーパスが決定機を演出します。

 

右利きですが、左足の精度も高くミドルレンジから強烈なシュートを隅に狙うことができます。

 

その前の右足のダイレクトシュートも強烈ですね。

 

スルーパスも針の穴に通すかのようなボールをピンポイントで味方に出します。

 

また相手がシュートに身構える場面で嘲笑うかのように完璧なスルーパスを味方に通すこともあります。

 

どちらも高いレベルだからこそ勝負所で貴重なゴール・アシストを記録することができます。

スポンサーリンク

シンプルで正確なプレー

デブライネは技術の高い選手ですが、メッシやネイマールのように圧倒的な個人技で相手を翻弄するタイプではありません。

 

ボールを持ちすぎることはなく、

とにかくシンプルにプレーしスペースを上手く活用しながらゴールに迫っていきます。

ワンタッチツータッチのプレーが多いですね。

 

スペースが多く生まれるカウンターの場面では彼の持ち味が最大限に活かされます。

 

こちらのシーンではフェルナンジーニョからロングパスを受ける前に首を振ってスペースを探しているのが分かります。

そのスペースへいち早く走り込んでボールを受け、少ないタッチで左へ大きく展開。

そして中へは入り込みすぎずフリーでサネからボールを受けて左足一閃というシーンです。

 

とにかくシンプルでプレーに全く無駄がありません。

動き出し、判断力、トラップ、パス、シュートどれも完璧です。

 

引いた相手でも中盤のスペースを巧みに引き出し局面を打開します。

 

歩きながらもオタメンディの縦パスを上手く引き出し、ジェズスとワンツー。

そしてシルバの動き出しで生まれたスペースへボールを運び左足の強烈なシュートを決めました。

 

これらのようにスペースを使うのが非常に上手いです。

 

この他にも、サイドのスペースに流れてからのダイレクトクロスは得意な形でスピーディーかつ正確です。

 

守備の献身性

攻撃での存在感は言うまでもないですが、更に凄いのは守備も献身的にこなすところです。

試合を通してハイプレスをかけ続けチームを助けています。

 

その時もただ闇雲に追うのではなく、相手のパスコースを消すような追い方をしてパス回しをしづらくさせています。

またポジション取りも的確で相手が剥がしにくいような絶妙なポジションを取っています。

 

まとめ

今回はデブライネのプレースタイルと背番号について紹介しました。

  • シンプルかつ正確なプレーでチャンスを量産
  • 守備も献身的にこなしチームを助ける

 

シンプルなプレーでここまで脅威になれる選手もそうはいないでしょう。

同じベルギー代表のアザール同様に将来はバロンドール候補の一人になっていくのではないかと期待してしまいます。

 

プレミアリーグを無料で見る方法はこちら

プレミアリーグを無料で視聴する方法!スマホやパソコンでライブ中継見るならこれ!

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

アザールのプレースタイルと背番号!凄さはスピードのある加速とターン

ルカクのプレースタイルと背番号!特徴はフィジカルを活かしたプレー

ジェズス(ブラジル)のプレースタイルと背番号!オフザボールの天才

ダビドシルバのプレースタイルと背番号!ファンタジスタの凄さとは?

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です