【コパアメリカ2019】日本VSエクアドルの放送(地上波・BS)とネット中継予定!6月25日キックオフ

コパアメリカ2019に出場している日本代表はグループリーグ第3節でエクアドルと対戦。

 

優勝候補ウルグアイと引き分け、貴重な勝ち点1を獲得した日本代表は、この試合に勝てば決勝トーナメント進出の可能性があります。

 

若手中心のメンバーで史上初のベスト8進出なるのでしょうか?

 

今回は【コパアメリカ2019】日本VSエクアドルの放送予定と日程、見どころ、注目選手についてご紹介します。

コパアメリカはDAZN独占中継

日本VSエクアドルを含め、今年のコパアメリカはDAZNの独占中継となります。

地上波やBS・CSでの放送がありません

DAZNはテレビ・スマホ・パソコン・タブレットなどあらゆる端末で視聴を楽しむことができます。

さらに、現在DAZNではコパアメリカの配信を記念して、2ヶ月視聴無料キャンペーン中

2ヶ月以内に退会すれば、料金が一切かかりません

この特典は6月25日までの新規登録者限定なので、今のうちに登録しておきましょう!

DAZNの登録はこちらから

DAZN公式サイト

【コパアメリカ2019】日本VSエクアドルの日程

グループC第3節

6月25日(火) 8:00~(日本時間)

エクアドルー日本

会場:エスタジオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント(ミネイロン)

※クルゼイロ、アトレチコ・ミネイロの本拠地

 

日本VSエクアドルの見どころ

まず、日本は中3日でこの試合に挑むのに対し、エクアドルは中2日で、日程面ではかなり有利です。

 

よって、第2戦のメンバーがベースになると思われます。

 

前線の岡崎選手・三好選手・安部選手・中島選手ら攻撃陣は勢いがあって、後半途中まで中盤の空いたスペースを上手く使いながら決定機を作っていました。

 

岡崎選手は両チーム最多のデュエル数を記録するなど身体を張って起点を作りましたし、三好選手は圧巻の2ゴール

 

中島選手に関しては積極的に仕掛ける姿勢を見せましたが、ウルグアイにかなり警戒されており、常に複数人でマークされる厳しい状況でした。

 

エクアドル守備陣も中島選手は相当警戒してくると思うので、周りの選手が近くでサポートしてパスを受けられる位置に素早くポジションを取りたいところ

 

ウルグアイ戦の2点目では周りに出すべきところでしっかり出せていたので、ああいうプレーが増えると、チームとして機能すると思います。

 

とはいえ、中島選手は2試合連続スタメンで疲労が溜まっているので、エクアドル戦は後半に投入するのも良さそうです。

 

エクアドルはチリ、ウルグアイに隠れていますが、普通にレベルの高いチームで、フィジカルとスピードを全面に押し出したサッカーは日本が苦手とする相手でもあるので要注意です。

 

攻撃ではパスワークで組織的に崩そうとする面もあれば、シンプルに前線のスピードや高さを使うこともあります。

 

守備の時はボールホルダーに鋭く寄せますし、対人守備に関してはかなり強い印象があります。

 

日本としては、相手に寄せられる前に細かいパスワークで崩すか、パスコースを消しつつブロックで守ってパスミスを狙いカウンターに繋げる形が理想的だと思います。

 

それと、守備の要であるガブリエル・アチリエルがチリ戦でレッドカードを貰い出場停止になるので、このあたりがどう影響するかも見どころです。

 

日本代表の注目選手

日本代表の注目は川島永嗣選手。

 

今季は所属クラブでほとんど出場機会がありませんでしたが、ウルグアイ戦ではカバーニとの1対1を止めるなど、抜群のポジショニングで安定感のあるセーブを連発しました。

 

また、岡崎選手もそうですが、ベテランの選手がピッチ上で牽引することで、若い選手も落ち着きを持ってプレーできるため、今回のチームには特に欠かせない存在です。

 

エクアドル戦でもチームを救うビックセーブに期待したいところです。

 

エクアドル代表の注目選手

エクアドルの注目はエネル・バレンシア

 

スピードを生かしたプレーが強みのストライカーで、身長がそこまであるわけではありませんが、しっかり競り合うこともできます。

 

W杯やコパアメリカなど大舞台で力を発揮するタイプでもあるので、バレンシアの得点力には十分注意したいところです。

 

ちなみに、現在はチリ代表のバルガスも所属するメキシコのティグレスでプレーしていますが、かつてはプレミアリーグのウェストハムやエヴァートンでプレーしていました。

 

【コパアメリカ2019】日本VSエクアドルの放送予定

日本VSエクアドルの一戦は地上波やBS・CSでの放送がありません

 

実際に地上波の番組表を確認しましたが、放送予定はなかったです。

 

深夜の再放送もありません。

 

よって、この一戦はDAZNの独占放送となります。

 

実況:下田恒幸・解説:戸田和幸

 

この一戦に限らず、今年のコパアメリカは地上波での放送が一切ありません。

決勝までの全26試合をDAZNが独占中継します

 

DAZNでは試合終了後から見逃しフル配信・ハイライト配信が随時始まるので、リアルタイムで見れなくても後から試合を楽しめます

 

コパアメリカ関連番組(インタビュー・展望・分析など)もたくさんありますよ。

 

さらに、DAZNはテレビ・スマホ・パソコン・タブレットなどあらゆる端末で視聴することができます。

 

スマホ・パソコン・タブレットで視聴する場合はネットに繋がりさえすればOK。

 

画質も特に問題なく、高画質で視聴可能です。

 

テレビで視聴する場合もスマートテレビPS4/PS3/Xboxなどのゲーム機amazon Fire TV Stickなどがあれば簡単。

それぞれDAZNアプリを開いて、メールアドレス・パスワードを入力すれば、視聴できます。

 

写真は画面越しに撮ったので粗めに見えますが、肉眼で見ると普通に高画質です。

 

コパアメリカ以外も

DAZNではチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン(フランス)、スュペル・リグ(トルコ)、欧州国内カップ、Jリーグなどの試合も見ることができます。

アフリカ王者を決めるアフリカネーションズカップ(6月22日~)もDAZNで放送があるので、コパアメリカと一緒に楽しめます。

また、プロ野球やメジャーリーグ、Bリーグ、Vリーグ、F1、テニス、格闘技などサッカー以外のコンテンツも充実してています。

プロ野球は巨人・阪神・中日・DeNA・ソフトバンク・西武・楽天・ロッテ・日本ハム・オリックスの主催ゲームを放送。

メジャーリーグは日本人所属チームの試合を中心に放送があります。

 

今なら2ヶ月無料視聴ができる

コパアメリカの配信を記念して、DAZNではキャンペーンを行っています。

 

6月9日~25日までに新規登録した方限定で2ヶ月視聴無料の特典がついてきます

 

2ヶ月以内に退会するにしても、2ヶ月以降継続するにしても、2ヶ月間は料金が発生することは一切ないため、とりあえず登録しておいて損はありません。

 

通常の特典は1ヶ月視聴無料なので、非常にお得なキャンペーンと言えるでしょう。

 

登録はDAZN公式サイトから

 

DAZNの登録は簡単!

1.DAZN公式サイトにアクセス

2.「2ヶ月無料お試しはこちらから」をクリック

 

3.「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して次へ

 

4.「クレジットカード」もしくは「デビットカード」の情報を入力

 

5.これで登録完了です。

 

6.「視聴を開始」をクリックでDAZNのコンテンツを見られるようになります。

 

7.見たい試合を選んで楽しみましょう!

 

退会する場合は「メニュー」から「マイ・アカウント」を選択

 

「退会する」をクリックします。

 

ちなみに退会後もログインが可能となっており、「マイ・アカウント」から「利用を再開する」をクリックすれば簡単に再加入できます。

 

DAZNの公式サイトはこちらから

DAZN公式サイト

 

まとめ

今回は【コパアメリカ2019】日本VSエクアドルの日程と放送予定、見どころ、注目選手について紹介しました。

  • 6月25日(火)8:00キックオフ
  • DAZN独占放送

 

現時点で、日本は2得点以上の勝利でグループA3位のペルーを総得点で上回り決勝トーナメント進出。

1-0で勝利した場合はフェアプレーポイントでグループリーグ突破が決まります。※ペルー(-6)、日本(-4)

 

また、グループB第3節で「コロンビアがパラグアイに引き分け以上」もしくは「アルゼンチンVSカタールが引き分け」の場合、日本は勝った時点で決勝トーナメント進出が決まります

 

日本代表史上初となるコパアメリカベスト8進出なるのでしょうか?

歴史的瞬間をDAZNで見届けましょう!

登録はDAZN公式サイトから

2ヶ月視聴無料キャンペーン中!

公式サイトはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です